So-net無料ブログ作成

カラフル [映画]

実に 半年振りの映画鑑賞でした
一緒にみた後輩曰く(映画は不景気になると見る)らしく【←どっかのTV番組のコメント活用】
へ~ そうなんだ。と思いながら 今回はこの映画を選抜しました。
カッパクゥを見ていたし 何か原監督ってのも惹かれたし また小説がアニメってのも
また 声優人がヘキサゴンにかかわっている人が多かったのも あるかな。
そんな月曜日のもかかわらず(割引一切無し)で映画を見ました。 20100826222525.jpg

ストーリー : ある罪を犯して彷徨っていたひとつの魂に、天使らしき少年(プラプラ)が話しかけて来た。なんと、抽選に当たったその魂に、人間界に戻って再チャレンジのチャンスが与えられたと言うのだ。その魂は、自殺した中学三年生の小林真という少年の体にホームステイし、半年ほど真の人生を生きることになった。友だちもおらず、絵を描くことだけが支えだったという真の自殺の原因は、母親の不倫と、憧れの女の子の援助交際を知ってしまったことだった。 [ 2010年8月21日公開 ]

製作年 : 2010年 製作国 : 日本 配給 : 東宝 上映時間 : 127分

キャスト : 冨澤風斗 / 宮崎あおい /  南明奈  / まいける / 入江甚儀
中尾明慶 / 藤原啓治 / 麻生久美子 / 高橋克実

感想・・・これアニメでよかったかも。冒頭部分の字幕の使用方法が、効果的と思えました。それにしても映画って本当に泣けるのですね。
nice!(8)  コメント(7) 
共通テーマ:映画

次回 [映画]

20100108194643.jpg20100108194653.jpg20100108194700.jpg

気になる映画
アリス イン ワンダーランド
ジョニー・ディップ がね
あと このアリス 怖い…
最近 よく大きな看板? 目につくのよね

nice!(7)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

映画ティンカーベルと月の石 [映画]

20100108193704.jpg
観れた
やっと観れました。
先月23日に公開され 早17日が経過 本当に映画館で観れてよかった
金曜日は映画館のレディースディと<お得料金>だったし
秋をテーマにしたティンカーベルのお話。 その内容に驚きと感動が…
あと残り2話(夏/冬)も 楽しみぃ~
nice!(4)  コメント(5) 
共通テーマ:映画

映画観てきました [映画]

 やっぱり 月1回は 観たいよね 映画 20091127194052.jpg
 
 人生を共に歩む相手に望むことは何ですか?

ストーリー : 夫の浮気が発覚し、40歳で離婚に踏み切った専業主婦のサンディは、2人の子どもを連れて郊外の住宅地を離れNYでアパートを探し、憧れのスポーツ・チャンネルに就職を決める。一方、大学は出たもののいまだに両親の家で暮らすアラムは、失恋の痛手に就活にも身が入らない24歳。そんなアラムがサンディにベビーシッターとして雇われる。共に苦い別離を経験した2人はやがて年齢差を超えて恋に落ちるのだが…。

注目 : アカデミー賞女優、キャサリン・ゼタ=ジョーンズが等身大の40歳のヒロインをコミカルかつ魅力的に演じる。本作は、ジュリアン・ムーアの年下の夫でもあるバート・フレインドリッチ監督のオリジナル脚本。ロマンチック・コメディの軽妙な笑いと共に、人と人とが対等で幸福な関係を築くための熟成期間がいかに大切かを、95分のコンパクトな作りの中にぎゅっと詰め込んでいる。育ち盛りのサンディの子どもたちはもちろん、母親であるサンディ自身やアラムも、アラムの過保護な両親さえも新しい人間関係の中で成長してゆく姿に好感が持てる。誠実な若者アラムを演じるのは『ナショナル・トレジャー』のジャスティン・バーサ。

キャスト&スタッフ
監督・製作・脚本:バート・フレインドリッチ
出演:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ/ジャスティン・バーサ/ケリー・グールド/アンドリュー・チェリー/ロブ・カーコビッチ

2009年11月27日より 丸の内ピカデリーほか全国にて公開

配給 : ワーナー・ブラザース映画

ジャンル : 洋画  | ラブ・ストーリー  | コメディ
製作年 : 2009年
製作国 : アメリカ
公式サイト : http://wwws.warnerbros.co.jp/therebound/

nice!(6)  コメント(7) 
共通テーマ:映画

南極料理人 ∀ [映画]

20091023165353.jpg
おいしいごはん、できました。

出演 : 境雅人 / 生瀬勝久 /きたろう / 高良健吾 / 豊原功補 / 古舘寛治 / 黒田大輔 / 小浜正寛 / 宇梶剛士 / 西田尚美 / 小野花梨 / 小出早織

2009年 日本 125分
nankyoku-ryori.com

ドームふじ基地 … 標高3810m 平均気温 -54℃ 昭和基地から1000Kmも内陸へ入った 富士山よりも標高の高い基地。そこはペンギンもアザラシも、ウィルスさえも存在しない白銀の世界。

あらすじ … 西村は ドームふじ基地へ南極観測隊の料理人としてやってきた。限られた生活をする中で、食事は別格の楽しみ。手間ひまかけて作った料理を食べて、みんなの顔がほころぶのを見る瞬間はたまらない。しかし、日本には妻・8才の娘・乳児の息子が…
約1年半、14000Km彼方の家族を思う日々がはじまる…。
8人の男だけで過ごす究極の単身赴任。知られざる南極での生活や仕事、離れている家族を思う気持ち、そして思わず腹の虫がなる料理の数々。南極でも笑ったり怒ったり 涙も出るし おなかもすく!極寒・だけどあたたかな楽しい映画。

ジャンル /∟/ コメディ

nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:映画

そんな彼なら捨てちゃえば? [映画]

20090910191743.jpg
ストーリー … いつも自分が空周りして一向に運命の相手に出会えないジジ。同棲して7年になるのに結婚する気のないニールと、本音を隠しているけど本当は結婚したいベス。
 幸せな結婚をしたものの、今や家のリフォームに夢中なジャニーンと魅力的なアンナと浮気する夫ベン。
 サラリとしたデート事情からドロドロした夫婦関係まで、さまざまな愛のドラマが交錯。もし彼の電話を待ち焦がれて電話の前に座りこんだ経験があるのなら、もし彼女が最近一緒に寝てくれなくなったのなら、もし2人の関係に進展がないと悩んでいるのなら…。きっとあなたは思っているほど相手に好かれていない。だけど、お互いの心を読もうとする男と女は、例外はないという恋愛のルールを前にしても、自分だけは相手にとって“例外”と信じて疑わない…。
 130分 の 洋画 でした。

平日の正午20分~の上映で 観客は6名でした。

スタッフ・キャスト
[監督]ケン・クワピス
[脚本]アビー・コーン/マーク・シルバースタイン
[原作]グレッグ・ベーレント/リズ・タシーロ
[製作]ナンシー・ジュヴォネン
[出演]ベン・アフレック/ジェニファー・アニストン/ドリュー・バリモア/ジェニファー・コネリー 

今日から ディズニーでは ハロウィンが開催されましたね~
でも 今日は近所で過ごしました。 ハロウィン 行けるかな・・・

nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

夕空 [映画]

20090610161351.jpg
今日は
ジャングル大帝レオ
を テレビで観ました
面白かったな~
母が(レオ観なきゃ)って
何日も前から楽しみにしていただけのことはあったね~

・自然の世界を創設した父親の息子は 動物の言葉が理解出来て… ジャングルへ遊びに行く内に動物の気持を悟っていき
レオはジャングルの掟を学びながら人間の子供に勇気をもらったり 住む世界の違いを目の辺りにしたりして…
最後は 自然を破壊しすぎるのは …みたいな内容だったけど
実に考えさせられる出来だったな〓
原作は手塚治氏
見応えありました


※本日 Birthday また1つ年輪が増えて…
はぁ やだやだ(アレ?ハロウィンは バンザイビランズかな!!)
メールをくださったお友達の皆さん 感謝致しますm(__)m

nice!(7)  コメント(7) 
共通テーマ:テレビ

重力ピエロ [映画]

20090718170346.jpg
ストーリー … 遺伝子研究をする兄・泉水と、自分がピカソの生まれ変わりだと信じる弟・春。家族の辛い記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、事件が起こる謎の連続放火事件。残された謎の落書き。落書きと遺伝子暗号の奇妙なリンク。事件を追う二人が直面する、その謎に隠された圧倒的な真実とは…?すべての謎が解けたとき、24年前から今へと繋がる家族の“謎”が明らかになる。

レビュー … 伊坂幸太郎の同名小説を、『Laundry』の森淳一監督が映画化。連続放火事件をきっかけに、ある平凡で幸せな一家の“秘密”が再び露わになっていく…。サスペンスでありながら、静謐な感動と身体まで軽くなるようなカタルシスを味わえる良作だ。シャイで控えめな性格からそれを表には出さないが、深い絆と信頼関係で結ばれた兄弟を、加瀬亮&岡田将生が好演。さらにあふれる愛情で兄弟を見守る父親を、穏やかに演じた小日向文世の存在感も光る。原作ファンにも自信を持ってオススメできる、映像化作品。

小日向さんが やっぱり素敵♡ 119分の作品でしたが
この日は 映画館で最終上映日 で 仕事終了して 飛び込みました
店員さん 丁寧に説明してくれているのですが 少しでも早く入りたいのに
 と 内心イライラ でもって 3階ですって言われ「何」と思いつつも
  階段を走りあがり ゴール。 席に着くともう上映中(館内には7人ほど 座っていた)
なので 初めの5分は見れなかった…
 
終演後 2週間限定上映とのことで パンフも買おうと思ったら
店員「パンフの方も もう 売り切れてしまって…」とのこと
can「では ビラは?」と尋ねると
店員「(周囲を探し) ないですね。でも まだ あちらにあるかも」
   と 説明してくださいました。
何とか ポスターとビラは観ることができました。

そんな こんなで よかったです。
その後ランチは ラーメンを食べ(写真 撮れなかった…)
思い立ったかのように 献血 をしました。
でね 駐車場付近にて20090718170335.jpgな案内
何か 絵画教室の展示会とかで 子供っちの素敵な作品が一杯でした。

あー 夏なんだなって 思っています。


nice!(7)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

映画 剱岳 [映画]

今日は 映画を観てきました 「劔岳 点の記」
  この映画 もう 100万人動員 しているとかで…
映画館でみて思いました。 そう 人が多かったんです
 しかも 映像見て思いました 「よく 撮ったな~ 」 と 20090704220050.jpg
記事より … 日本映画界を代表するカメラマン・木村大作氏が映画人生50年の節目に初監督した『劔岳 点の記』が、1日までに累計観客動員数100万人を突破した。配給の東映によると、40歳代以上の観客層を中心に安定した興行が続いているという。6月20日の全国公開から12日目での大台突破に、木村監督は「ここまできたら、もっともっと多くの方にご覧頂きたいと思います」と想いを募らせている。全国公開2日で興収約3億円を突破
7月1日までの累計動員数は102万6258人、興行収入は11億2095万200円。全国公開第1週目(6月20日~26日)の動員数の内訳を見ると、土日の2日間が23万2083人(38.9%)であるのに対し、平日の合計が36万5170人(61.1%)と平日の客足が好調。6月13日より先行公開された、劔岳のご当地・富山県だけで累計動員数6万5000人、累計興収7000万円を記録しており、通常作品の同県シェアに比べて4倍強という驚異的な興行成績で全国的ヒットを牽引している。
※同作は公開の半年前から木村監督が先頭に立って、『木村大作戦』と銘打った全国47都道府県を回る宣伝活動を展開。木村監督は「最近、インタビューなどでテレビや新聞、雑誌などに露出をしたおかげで、街中で私に気づいてくれる方がいます。その時には『劔岳 点の記』特製の名刺を渡して、まだまだ宣伝活動をしています」と気炎を揚げており、更なる『劔岳』現象を巻き起こすか注目される。

あらすじ: 明治40年、日本地図完成のために立山連峰、劔岳への登頂に挑む、陸軍測量手の柴崎芳太郎(浅野忠信)ら7人の測量隊。山の案内人、宇治長次郎(香川照之)や助手の生田信(松田龍平)らと頂への登り口を探すが、生田が足を滑らせけがを負ってしまう。大自然の厳しさを見せつけられた測量隊だったが、柴崎と宇治はある言葉を思い出し……。(シネマトゥデイ)

出演者も豪華でした。  やっぱし 仲村トオルサンが 素敵でした♡
もちろん 香川照之サンもね♡

そして ランチしました。
20090704220100.jpg20090704220110.jpg20090704220148.jpg
しかし 友人が トマトだめ とのことで 特別20090704220120.jpgトマトサラダ…

でもって ティンクのポーチをいただきました。
20090704220042.jpg20090704220031.jpg20090704220021.jpg
nice!(6)  コメント(7) 
共通テーマ:映画

ぼくのおばあちゃん [映画]

家族を愛するすべての人へ―。涙と希望で紡いだ心温まる物語。
                  20090526183124.jpg

[監督] 榊英雄
[脚本] 亀石太夏匡/榊英雄
[原作] なかむらみつる
[製作] (プロデューサー)川上泰弘/亀石太夏匡
[出演] 菅井きん/岡本健一/柳葉敏郎/原日出子/加藤貴子/阿部サダヲ/寺島進
    清水美沙/加藤貴子/船越英一郎/石橋蓮司/原日出子/深浦加奈子

内容 // 住宅展示場のトップ営業マンとして活躍する智宏(岡本健一)。結婚し一人息子をもうけ、順風満帆な生活を送っていながらも、彼は仕事に追われる毎日の中で家族を省みる余裕を失いかけていた。そんなとき、客として担当したある一家との出会いがきっかけとなり、心の奥にしまっていた、大好きだったおばあちゃんとの記憶が甦る。不在がちな両親の代わりにいつもそばにいてくれたおばあちゃんが、教えてくれた大切なこと。それは、智宏が忘れかけていた、かけがえのない家族の絆だった――。82歳で映画初主演を果たした菅井きんと、岡本健一が贈る、おばあちゃんと孫と家族の絆を描いた心温まる物語。

2008年12月6日よりテアトル新宿ほか全国にて順次公開
2008,日本,チェイスフィルムエンタテインメント  © 2008「ぼくのおばあちゃん」製作委員会
                       作品 123分

  主題歌 //  http://sakakiizumi.com/

感想 … 泣いていました。
       不思議な事に懐かしかったです。
        つっこみどころは満載だけど そこは映画ですから[カチンコ]
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。